名古屋へ!いりゃあせ

名古屋のデパ地下と名古屋近郊の旬な情報をマイペースにお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

揖保の糸の「古物」

私が好きなそうめん、兵庫県の「揖保の糸」(いぼのいと)

松坂屋名古屋店で麺類の販売イベントをやっていて、普段こちらではバラ売りしていない商品を販売していました。

「揖保の糸」は、小麦粉の質・原材料・めんの細さ・製造時期などの違いによって、等級があります。
「揖保の糸」の黒帯の『特級品』
上質の原料小麦粉を使用して、厳寒期(12月~翌年2月)につくられる品。

下の二つは同じ等級の『特級品』ですが、左側には“古”というシールが貼付。
揖保の糸
古物(ひねもの)は、製造後から蔵の中で1年以上熟成させたもの。

食べ比べるために、古物と通常のものを一袋ずつ購入しました。
また、よく見るこちら、全生産量の85%を占めるという赤帯の『上級品』をスーパーで購入しました。
揖保の糸

茹で加減は、通常のものが1分程度なら、古物は1分10秒程度と、少し古物の方を長めに。洗いは、古物の方は特によく洗う。
と、販売員の方に教えてもらいました。

揖保の糸
『上級品』と『特級品』を比べると…麺の太さは『特級品』の方が細い。麺の味は、やはり『特級品』の方がおいしかったです。
同じ『特級品』を比べると…
通常の方は“もっちり”とした食感。古物の方は“コシ”のある食感。
微妙な違いですが、『特級品』の古物が、1番好きな味と食感でした。

「揖保の糸」ホームページを見ると、『特級品』のさらに上の等級がありました!
『三神』(さんしん)。「揖保乃糸」の最高級品です。一度、食べてみたいです。

一緒に購入した、「揖保の糸 めんつゆ」も、「揖保の糸」の麺によく合う味でおいしかったです。

購入価格
「揖保の糸」
特級品 古物 250g 483円
特級品 250g 420円
上級品 500g 398円(こちらのみスーパーで購入)
「揖保の糸 めんつゆ」
ストレートタイプ 300ml 304円

販売期間
6月9日(日)まで
松坂屋名古屋店 本館地下1階 ごちパラ広場

お取り寄せ
揖保の糸 特級品 古物

【あす楽】【送料無料 レビュー記入で5%OFF】手延そうめん『揖保乃糸』特級品(黒帯)【古】50g×21把:1050g揖保の糸【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ】



揖保の糸 特級品 めんつゆ付

【送料無料 レビュー記入で5%OFF】手延そうめん『揖保乃糸』特級品《50g×30把:1500g》●揖保乃糸めんつゆ付きグルメセット揖保の糸【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

おすすめ記事
プロフィール

iryaase

名前: iryaase

住んでいる所:名古屋市

ご訪問ありがとうございます
当ブログはリンクフリーです♪
http://iryaase.blog.fc2.com/

楽天市場


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。