名古屋へ!いりゃあせ

名古屋のデパ地下と名古屋近郊の旬な情報をマイペースにお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東洋軒のプレミアム・ブラックカレーライス

先月末、名古屋三越栄店9Fにある、<東洋軒>に行きました。

~東洋軒について~
東洋軒の創業は、明治22年(1889)。
伊藤耕之進が、肉料理専門店「今福」の名で、東京の三田四国町に開業したのが始まり。
明治30年に「東洋軒」に改名し、初代総理大臣伊藤博文の薦めで、西洋料理店として開業。
昭和3年、三重県津市の百五銀行本店内に「東京東洋軒出張所」として開設し、
昭和25年、本社からのれんわけして独立。


<東洋軒>の名物メニューは、「ブラックカレー」(1,050円)。
松阪牛の背脂と小麦粉、秘伝のスパイスを合わせ、
機械で毎日12時間×3週間かけて炒め、煮込み続けて出来上がる
手間暇かけたカレー。

その「ブラックカレー」には、プレミアムバージョンがあります。
東洋軒のプレミアムブラックカレー
プレミアム・ブラックカレーライス 2,100円(税込)

東洋軒_プレミアムブラックカレー_ルー
ルーは、名前の通り、真っ黒。

通常の「ブラックカレー」と、何が違うかというと・・・
朝日屋名産の松坂牛のみを100%使用していること。
(※朝日屋は、三重県津市の松阪肉専門店)

東洋軒_プレミアムブラックカレー
松阪牛が60g入っているとのことで、お肉の旨味・甘みがたっぷりでした。


今回行った際に、「休業案内」が出ていました。
名古屋三越栄店<東洋軒>は、
1月7日(月)~3月下旬まで、リフレッシュ工事のため休業するとのことです。

<東洋軒>
本店は、三重県津市丸の内29-17
今回行ったお店
名古屋三越栄店(1月7日(月)~3月下旬休業) 
名古屋市中区栄3-5-1 9F
TEL:052-252-1111(代)
営業時間:10:00-20:00
アクセス:名古屋市営地下鉄東山線・名城線「栄」駅より地下街で連絡

お取り寄せ
「ブラックカレー」 レトルト

【東洋軒】 ブラックカレー レトルト 200g


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

おすすめ記事
プロフィール

iryaase

名前: iryaase

住んでいる所:名古屋市

ご訪問ありがとうございます
当ブログはリンクフリーです♪
http://iryaase.blog.fc2.com/

楽天市場


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。