名古屋へ!いりゃあせ

名古屋のデパ地下と名古屋近郊の旬な情報をマイペースにお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤目四十八滝の紅葉

先週末、三重県名張市の赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)へ行きました。
平成の名水百選、日本の滝100選、森林浴の森100選、遊歩100選にも選ばれたところ。
名古屋から近鉄特急と三重交通バスで、約2時間ほど。

渓谷の中、約4kmの遊歩道に、数々の滝が流れます。
「四十八」とは、数が多いことを意味するそうです。
実際に散策マップに載っているのは、滝壺を含めて二十三瀑。
すべてを見ると、往復3時間程度。

入口で入山料を払います。(大人300円、小人150円)
日本サンショウウオセンターもあり、入館料は入山料に含みます。
赤目四十八滝入口

地名「赤目」の由来と言い伝えられる赤目牛
赤目牛


赤目四十八滝のうち比較的大きな5つの滝が、赤目五瀑(あかめ ごばく)
不動滝、干手滝、布曵滝、荷担滝、琵琶滝。

不動滝 入口から約200m、片道5分。
不動滝
(赤目四十八滝散策まっぷより)
高さ15m、幅7m。不動明王にちなんで名付けられた。
「滝参り」とはこの滝に参ることを意味し、明治中頃まではここから奥へは入れなかったそうです。


千手滝(せんじゅ) 入口から約800m、約20分。
千手滝
(赤目四十八滝散策まっぷより)
高さ15m、幅4m。岩を伝って千手のように落水することから名付けられたとも、
千手観音にちなんで名付けられたとも言われています。


布曳滝(ぬのびき) 入口から約900m、約22分。
布曳滝
(赤目四十八滝散策まっぷより)
高さ30mから一条の布をかけたように落ちる滝。


ここまでは、道も広く緩やかです。ウォーミングアップといったところ。
ここから先は、急な階段や上り坂があります。
また、道が細くなるため、すれ違う人を待ったり、前が詰まったりして、
時間がかかることも。

時間の都合で、この先30分ほどのところにある「七色岩」まで行き、
折り返しました。

赤目五瀑のうち、その先にある残り二瀑は、見られなかったので、また行きたいです。
特に、渓谷髄一の景観と絶賛される、荷担滝(にない)は、絶対に見たいです。

先週末、紅葉は、まだ赤色が一部見られるくらいでした。
赤目四十八滝_紅葉

赤目四十八滝の紅葉

赤目四十八滝の公式サイトによると、
「渓谷内平均的に紅葉の見ごろをむかえています」とのこと。

また、夜にはライトアップが行われます。
開催期間:2012年11月3日(土)~11月25日(日)
開催時間:午後5時30分から午後8時まで(ライトアップは午後4時ごろから点灯します)
※ライトアップの期間中、臨時バスが運行、午後5時以降駐車場は無料

詳しくは、赤目四十八滝公式サイト>イベント情報>煌めきのライトアップ~竹灯り
赤目四十八滝公式サイト
「赤目四十八滝散策まっぷ」も掲載されています
[ 2012/11/15 23:00 ] ●おでかけ 三重 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

名古屋銘菓
<坂角総本舗> の「ゆかり」の
名古屋地区限定パッケージ
オンラインでも買うことができます
ゆかり名古屋黄金缶10枚入
おすすめ記事
プロフィール

iryaase

名前: iryaase

住んでいる所:名古屋市

ご訪問ありがとうございます
当ブログはリンクフリーです♪
http://iryaase.blog.fc2.com/

楽天市場


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。