名古屋へ!いりゃあせ

名古屋のデパ地下と名古屋近郊の旬な情報をマイペースにお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

防災の日

9月1日 本日は、「防災の日」。

中日新聞の防災特集で、「愛知県防災学習システム」を紹介していました。
愛知県はマグニチュード8.2の東海・東南海の連動地震を想定し、
県内各地の被害を検索できるシステムをインターネットで公開しています。
「震度」「液状化」「津波」などの被害予想がわかります。

地震への備えとして、自分の住む地域の被害予想を知ることも、大事なことだと思いました。

※以下の例は、名古屋港水族館のある「名古屋市港区港町1-3」を選択しています。

1. 「愛知県防災学習システム」のホームページを検索する
▼こちらをクリックするとリンクしています
http://www.quake-learning.pref.aichi.jp/

2. トップページの「防災マップを見る」(左下のピンクの四角)を選ぶ
愛知県防災学習システム-1

3. 利用規約を読み、同意する場合には、「同意する」を選択する
愛知県防災学習システム-2

4. 「シナリオ型マップ」の、「住所から位置を選択」をクリック
愛知県防災学習システム-3

5. 住所(市区)を選択しクリック(実際は下へスクロールすると続きが表示されます)
愛知県防災学習システム-4

6. 住所(町)を選択しクリック
愛知県防災学習システム-5

7. 住所(丁目)を選択しクリック 
愛知県防災学習システム-6

8. 住所(番地)を選択しクリック
愛知県防災学習システム-7

9. 詳細な地図が登場 「シナリオ進む」(地図上の緑枠で囲まれた文字)をクリック
愛知県防災学習システム-8

10. 「震度」度合いが色で分けて表示される
愛知県防災学習システム-9
地図の中心付近は、黄色・・・東海・東南海地震連動時、「震度6弱」 

11. 上の画面で「システム進む」をクリック

12. 「液状化」危険度が色で分けて表示される
愛知県防災学習システム-10
赤色・・・東海・東南海地震連動時、液状化危険度は「極めて高い」

13. 上の画面で「システム進む」をクリック

~続けて入力すると、建物倒壊シミュレータに進みます~
東海・東南海地震が起こったときの、自宅の様子をシミュレーションすることが出来ます
[ 2012/09/01 18:00 ] ●その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

おすすめ記事
プロフィール

iryaase

名前: iryaase

住んでいる所:名古屋市

ご訪問ありがとうございます
当ブログはリンクフリーです♪
http://iryaase.blog.fc2.com/

楽天市場


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。