名古屋へ!いりゃあせ

名古屋のデパ地下と名古屋近郊の旬な情報をマイペースにお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

餅文総本店の季節のお菓子

名古屋土産の定番外郎(ういろう)
名古屋では、1659年創業の<餅文総本店>(もちぶんそうほんてん)が、
最も古い製造販売店とされます。

名古屋ういろうを全国的に広めたのは、<青柳総本家>(あおやぎそうほんけ)。
<青柳総本家>の「青柳ういろう」を、名古屋駅で販売した事と、
白黒抹茶♪の歌でお馴染みのCMで、全国的に知られるようになりました。

歴史は、<餅文総本店>の方が長く、尾張徳川家に献上された「献上外郎」と、
「極上外郎」が、看板商品です。

<餅文総本店>の、新商品季節限定商品を、いくつか購入しました。

季節限定商品で人気のある、「一口水ういろ」(奥)と「フルーツういろ」(手前)。
餅文総本店の一口水ういろとフルーツういろ

食べる1時間ほど前から、冷蔵庫で冷やすと、さらにおいしく食べられます。

「一口ういろ」は、2種類。左が「抹茶」、右が「上り」(あずき)です。1個 95円(税込)
餅文総本店の一口水ういろ
みずみずしい口あたりの食感です。


フルーツういろ「白桃ういろ」。1個 126円(税込)
餅文総本店の白桃ういろ
断面
餅文総本店の白桃ういろの断面
口当たりの良いういろの中に、シロップ漬けの白桃の餡が入っています。


フルーツういろ「マンゴーういろ」。1個 126円(税込)
餅文総本店のマンゴーういろ
口当たりのよいういろの中に、完熟マンゴーソースが入っています。
写真は、マンゴーソースがこぼれそうだったので、逆さまに置いた状態です。


写真を撮るためにお皿に出しましたが、包み紙のまま食べられます。
マンゴーういろの方は、包み紙のまま、スプーンで食べた方がよさそうです。
餅文総本店_白桃ういろ

他に購入した商品について、後日の記事に続きます。

<餅文総本店>
今回行ったお店
餅屋文蔵の店(ういろはこちらの店で作られています)
名古屋市熱田区池内町5-12
TEL:052-884-0080
営業時間:9:00-18:00
定休日:年中無休(但し元日休)

他店舗情報
JR名古屋高島屋B1 和菓子売場内「銘菓百選」コーナーにて、
「献上外良」ほか、季節の一口ういろを販売。
月・火・水・土曜日に、季節の朝生菓子を販売。

[分類:名古屋のお菓子]
[ 2012/06/22 13:00 ] ●グルメ 名古屋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

名古屋銘菓
<坂角総本舗> の「ゆかり」の
名古屋地区限定パッケージ
オンラインでも買うことができます
ゆかり名古屋黄金缶10枚入
おすすめ記事
プロフィール

iryaase

名前: iryaase

住んでいる所:名古屋市

ご訪問ありがとうございます
当ブログはリンクフリーです♪
http://iryaase.blog.fc2.com/

楽天市場


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。